「個人が輝ける社会に貢献する」

株式会社バカレッジは、2017年の学生団体組織から組成された会社です。
当初は「若者たちよ、夢中(バカ)になれ」というスローガンを掲げ、特に大学生たちのチャレンジを応援する事業を展開しておりました。

現代社会において、「個」の時代と言われ続けているにもかかわらず、
未だに、チャレンジしていることを「意識高い系(笑)」と揶揄する風潮があります。
こんな社会を壊したい。
若い世代だからこそ、物事に夢中になり、打席に立ち続けることによって新たなイノベーションが起きると信じてます。そして、それが可能な社会になっているのが今だと思います。IT化の爆速的な成長により、個人の主張が当たり前に世の中に伝えることができるようになりました。
そして、その社会を当たり前に受け止めている「Z世代」の背中を押し、社会との懸け橋を創り上げることが、バカレッジができる世の中の貢献だと考えております。

「”I”が輝く社会をつくる」2019年1月よりリリースした、女子大生向けメディア「ユニガールズ」を筆頭に、ライバー事業の「リリー」も現在では展開しております。
今後も事業を多く展開し、個人・法人関わらずよりボーダレスに主張をし、掲げる信念を発信することによって輝く社会を創り上げたいと思っています。

「”I”が輝く社会をつくる」このミッションの元、従業員一丸となって皆さまの輝きを創り・支援することに尽力いたします。

株式会社バカレッジ
代表取締役社長
鈴木慶介