アクセスよりも希少性が重要?2018年のSNS映えスポットランキングはこれだ!

スナップレイスでは主にインスタグラムやツイッターなどのSNS上のあらゆる投稿を分析し、SNS映えするスポットだけを集めて地図上にマッピングしたサイト「スナップレイス」を運営しています。今回は2018年のSNS分析データをもとに、今年のSNS映えスポットランキングを発表しました。

【2018年の傾向】

2018年の傾向としては、アクセスの良い都心部よりも地方のスポットがランキング上位を占めました。これまでは東京のような都市部など、比較的アクセスのよいスポットが人気を集めてきましたが、直近では滋賀県のラコリーナ近江八幡や、石川県の金沢21世紀美術館をはじめとした、地方のスポットにも注目が集まるという結果に。2017年に「インスタ映え」が流行語大賞となって以来、首都圏では数多くのインスタ映えを狙ったスポットが増えている一方で、地方のSNS映えスポットではまた一味違った写真が撮影できることから、SNS上で反響が高まりやすいのかもしれませんね。

【2019年の予想】

2019年は、より「ストーリー性のあるフォトジェニックさ」がポイントになると予想されます「インスタ映え」の流行によって、飲食店や観光施設は、可愛いウォールアートを設置したり、カラフルなスイーツを作ったり、ハートで可愛くデコレーションしたりと、様々なインスタ映えする仕掛け作りを行ってきました。このような流れの中で、消費者もインスタ映えに対する目線はますます肥えてきています。そこで次に必要とされているのが「ストーリー性のあるフォトジェニックさ」。例えば、写真撮影が可能な美術館やアート展は海外でも流行しており、日本でもそのような施設の人気が高まると予想されています。また飲食店では、生クリームにこだわった生クリーム専門店やミルクティー専門店など、特定の素材に特化した、分かりやすいストーリー性のある店舗がより注目を集めそうです。

【分析対象のデータと抽出手法】

分析対象データは、SNS映えの基準に従ってSNSから抽出し、スナップレイスに掲載される全国約6,000スポットです。それら全スポットの2018年のSNS投稿データを分析し、2018年のインスタ映え、ツイッター映えTOP10をそれぞれ集計しました。

【インスタ映えランキングTOP10】

1位 八坂庚申堂(京都府京都市)

1位は昨年同様、八坂庚申堂となりました。色鮮やかなくくり猿が写真で映えるスポットとして、京都通の人は知る人ぞ知るスポットです。くくり猿は色のバリエーションが豊富で、たくさん吊るされた状態がカラフルでインスタ映えする!と話題になりました。近くにはレンタル着物店もあり、着物を着て撮影することもできますよ。

photo by @ hocchipic

2位 川越氷川神社(埼玉県川越市)

赤い糸をモチーフにしたお守りや鯛みくじなど、乙女心をくすぐる可愛い写真が撮影できるスポット。1日20体限定の無料でもらえる「縁結び玉」、境内にあるおしゃれカフェ「むすびカフェ」や、夏に開催されている「風鈴の回廊」など、インスタ映え写真を撮影できる個所が複数あることもポイントです。

photo by @ h1a0r0u7

3位 BE KOBE(兵庫県神戸市)

2017年4月に設置された「BE KOBE」。ちょうど年初からSNS投稿も増加し、主に高校の修学旅行生の間で話題になりました。その写真がほかの学生にも広がり、今では一般の人たちにも、神戸の港を背景にフォトジェニックな写真が撮れる!と人気のフォトスポットになっています。混雑時は、撮影をするのに30分以上並ぶこともあります。

photo by @m.kiyoto

4位 ラコリーナ近江八幡(滋賀県近江八幡市)

名物のバームクーヘンやメルヘンな小屋が特徴のこちら。スイーツなどの食べ物は投稿しやすく、さらに、非日常感あふれる建物がとっても可愛い!、と話題になりました。誰でも簡単に別世界に迷い込んだようなショットが撮れることも、SNSで広がった要因ですね。

photo by @_____mim

5位 佐久島(愛知県西尾市)

6位 金沢21世紀美術館(石川県金沢市)

7位 猿島(神奈川県横須賀市)

8位 三光稲荷神社(愛知県犬山市)

9位 養老天命反転地(岐阜県養老郡)

10位 志摩地中海村(三重県志摩市)

■ツイッター映えランキング TOP10

1位 大久野島(広島県竹原市)

戦時中は毒ガス工場があったことから、「毒ガスの島」とも言われます。今では約700羽のウサギが生息していることからウサギ島とも呼ばれることも。大量のウサギや、ウサギと戯れる写真がSNS上で話題を呼んでいます。

2位 恐竜博物館(福井県勝山市)

恐竜に関する国内最大級の博物館で、数十体の恐竜骨格、千数百もの標本、化石、大型復元ジオラマなどが展示されています。特に、リアルな恐竜の模型と一緒に撮影した写真はインパクトが大きく、SNS上での反響の高さにつながっています。

photo by @ishih_arashi

3位 牛久大仏(茨城県牛久市)

ギネスにも認定された世界一大きな大仏です。写真を撮影すると非日常的な1枚となり、迫力たっぷり!とのコメントが数多く寄せられています。

4位 安井金比羅宮(京都府京都市)

こちらの「縁切り縁結び碑」に貼られているのは、たくさんの願い事がかかれた形代(身代わりのおふだ)です。この大量の形代が視覚的にインパクトがあると、SNS上での反響の高さにつながりました。

5位 清水公園(千葉県野田市)

6位 砂の美術館(鳥取県鳥取市)

7位 御金神社(京都府京都市)

8位 南蔵院(福岡県糟屋郡)

9位 ノースサファリサッポロ(北海道札幌市)

10位 桃太郎神社(愛知県犬山市)

■2018年SNS映えランキングベスト10の詳細はこちら

Snaplace(スナップレイス)とは

Snaplaceとは、あらゆるSNS投稿を分析し、SNS映えするスポットだけを地図上に表示する月間PV数 約200万の人気サービスです。フォトジェニックなスポット、笑い・ネタな珍スポットなど、観光ガイドでは紹介されない、知る人ぞ知るニッチなスポットもカンタンに検索できます。各スポットは、おしゃれ(Cool!)、ネタ(Haha!)、定番(Basic)の3種類に色分けされ、地図上に表示されています。

スナップレイスの他の主なサービス

スナップレイス・タレント(日本最大級のインスタグラマーのキャスティングサービス)

スナップレイス・モニター(満足度を競合比較・定量化。ソーシャル・リスニングサービス)

スナップレイス・メディア(インスタグラマーの発掘)

ライター紹介

nana

早稲田大学大学3年在学。バカレッジでは主に大学生インタビューと記事の作成、ニュースリリースを担当しています。ベンチャー企業にてライター経験あり。