新卒採用の状況と展望はこれ!学情が『COMPASS 2018年11月号』をリリース


大手総合就職情報会社として知られている株式会社学情。インターンシップの紹介や就職セミナーでお世話になったことのある方もいるかもしれません。そんな学情が、Web上にて閲覧可能な学情レポート『COMPASS 2018年11月号』の中で、興味深いアンケート結果を公開しています。これは2018年8月~9月にかけて、東京・名古屋・大阪・福岡の4都市で開催した「就職講演会・名刺交換会」に来場した企業採用担当者や大学就職指導担当者を対象に行った採用活動状況や就職指導状況に関する調査で、その一部内容が以下の通りです。

【調査概要】

●調査対象:全国の企業採用担当者、大学就職指導担当者

●有効回答数:企業担当者1,533件/大学担当者328件

●調査方法:「就職講演会・名刺交換会」来場者へのアンケート配布・回収

●調査期間:東 京/2018年9月4日~9月7日

名古屋/2018年9月10日~9月13日

大 阪/2018年8月28日~8月31日

福 岡/2018年9月7日~9月11日

【2019年卒採用は9月に入っても終息せず、成功のカギの1つはインターンシップになりそう】

Q. 採用予定数に占める「内々定を出した人数」の割合

9月の調査段階で、内々定承諾者数が「101%以上」の企業はわずか7.0%、承諾者数を「81%以上」まで広げても28.4%に留まるという結果に。2019年採用においても想定を超える辞退が発生するなど、企業にとっては引き続き一筋縄ではいかない採用状況が継続しています。

中でも特筆すべきは、採用活動の継続状況です。「既に終了」と答えた企業はインターンシップ実施企業の32.4%、未実施企業の20.3%となりました。インターンシップの実施が少なからず母集団の形成に一定の役割を果たしたと言えそうですね。

【2020年卒採用は、企業の採用意欲も一層高まりそう。引き続きインターンシップも活況です】

2020年卒の採用予定数の見通し(前年度比)は?

2020年卒の採用予定数の見通しについては、「増やす」が21.4%と、「減らす」の3.1%を大きく上回る結果に。採用予算についても、増やす企業(30.4%)が減らす企業(7.2%)を大きく上回っていて、2019年卒採用以上に売り手市場が進行すると思われています。

インターンシップの実施(予定)企業は74.1%にも上りました(2019年卒対象の実施企業は61.8%)。また、大学で前期に実施された「インターンシップに関する就職ガイダンス」においても、参加学生数(前年比)が「増えた」「少し増えた」と答えた大学が過半数の53.3%となっています。

その他、調査には2021年以降、経団連による採用指針撤廃に関する企業・大学の声も含まれます。

■『COMPASS 2018年11月号』はこちらから閲覧可能。

【特集1】『2019~20年卒採用の状況と展望、そして2021年卒採用は?』

【特集2】九州・山口8県の特選企業インターンシップ実施報告


■株式会社学情とは

東証一部上場・経団連加盟企業であり、法人株主として朝日新聞社・大手金融機関が資本出資し、優良企業約5,000社と取引をする大手総合就職情報会社です。また、朝日新聞とともにコンテンツを提供する「就職情報サイト〈あさがくナビ(朝日学情ナビ)〉」をはじめ、延べ来場学生20万人以上、延べ参加企業7,000社の日本最大級の「合同企業セミナー〈就職博〉」や、若手社会人をターゲットとした「20代専門転職サイトNo.1の〈Re就活〉」を運営しています。

[創業/1976年 資本金/15億円 加盟団体/一般社団法人 日本経済団体連合会 、 公益社団法人 全国求人情報協会]

ライター紹介

nana

早稲田大学大学3年在学。バカレッジでは主に大学生インタビューと記事の作成、ニュースリリースを担当しています。ベンチャー企業にてライター経験あり。