大学別・サービス別「学生起業家カオスマップ2019」を公開!起業社数、第1位はあの大学だった

ディップ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼CEO:冨田英揮、以下当社)は、全ての学生を対象とした起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」において、学生起業家のスタートアップ企業を大学別・サービス別にまとめた「学生起業家カオスマップ2019」および「起業社数ランキング」を4月26日(金)に公開しました。大学別の「起業社数ランキング」では、第1位東京大学、第2位慶應義塾大学、第3位早稲田大学と、起業プログラムの運営を積極的に行っている大学が上位にランクインしました。


<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

<ins class="adsbygoogle"

style="display:block; text-align:center;"

data-ad-layout="in-article"

data-ad-format="fluid"

data-ad-client="ca-pub-8910948147080833"

data-ad-slot="1720732166"></ins>

<script>

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

</script>

「学生起業家カオスマップ2019」:http://startuptimes.jp/gakusei-startup-chaosmap2019/

※承諾を頂いたサービスのみの掲載となります。

■「学生起業家カオスマップ2019」「起業社数ランキング」を公開

 近年多くの大学で、インキュベーション施設を設置し、起業プログラムの運営を行うなど、起業に挑戦する学生を育成し、支援する動きが活性化しています。一方で、学生起業家の活動は、まだ世の中の認知度が低く、資金調達や人材確保の点で課題が残っていることも事実です。 

今回は、全ての学生を対象とした起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」において、学生起業家の活動の認知度向上のため、学生起業家のスタートアップ企業を大学別・サービス別にまとめた「学生起業家カオスマップ2019」および「起業社数ランキング」を公開しました。大学別の「起業社数ランキング」では、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学など、起業プログラムの運営を積極的に行っている大学が上位にランクイン。サービス別の「起業社数ランキング」では、「受託」や「研究開発」に分類される企業が多く、人工知能技術などの大学で培った専門知識や技術を、ビジネスに活用しようとする意図が伺える結果となりました。

「起業社数ランキング」


■全ての学生を対象とした起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」

 ディップ株式会社では、日本ではじめて小学生から大学院生まで全ての学生を対象とした起業支援プログラム「GAKUcelerator -ガクセラレーター」を運営しています。審査を通過した学生に対しては、会社の持つノウハウやネットワークを活かして、3ヶ月間の経営・業務支援をはじめとした、出資支援・営業支援等を行います。現在、2019年5月スタートの第1期生の募集を行っています。

「GAKUcelerator -ガクセラレーター」:http://ainow.ai/gakucelerator/


起業って絶対大変でしょ…なんて、しり込みしているあなた!

私も自身でサービスを立ち上げた学生(弁当屋とバー・フードシェアリング)にお会いしたことがあるのですが、起業は「好き」とか「やってみたい」の気持ちに素直になれる絶好の機会ではないかと思います。

起業家学生の記事はこちら!

楠さん:弁当屋とバー

佐藤さん:フードシェアリング

あなたの大学でも、もうこうして一歩踏み出している学生がいるかもしれませんよ!


概要

 ディップ株式会社は、アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」、正社員・契約社員求人情報サイト「バイトルNEXT」、総合求人情報サイト「はたらこねっと」、看護師人材紹介サービス「ナースではたらこ」を通じ、求職者と求人企業双方にとって利便性の高いサービスを提供することで、社会を改善する存在となることを目指しています。2004年5月東証マザーズ上場、2013年12月東証一部上場。2019年2月期売上高421億円。

 2016年には「dip AI.Lab」を設立。日本初のAI専門メディア「AINOW」や日本初のAIスタートアップ支援制度「AI.Accelerator」の運営などを行っています。

社名:ディップ株式会社

代表:代表取締役社長 兼 CEO 冨田 英揮

本社:東京都港区六本木3-2-1 六本木グランドタワー31F

電話:03-5114-1177(代表)

設立:1997年3月

資本金:1,085百万円 (2019年2月末現在)

従業員数:1,967名(2019年4月1日現在の正社員)※契約・アルバイト・派遣社員除く

事業内容:求人情報サイト「バイトル」「バイトルNEXT」「はたらこねっと」などの運営、看護師転職支援サービス、他

URL:https://www.dip-net.co.jp/


<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>

<ins class="adsbygoogle"

style="display:block; text-align:center;"

data-ad-layout="in-article"

data-ad-format="fluid"

data-ad-client="ca-pub-8910948147080833"

data-ad-slot="1720732166"></ins>

<script>

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

</script>

ライター紹介

nana

早稲田大学大学3年在学。バカレッジでは主に大学生インタビューと記事の作成、ニュースリリースを担当しています。ベンチャー企業にてライター経験あり。