冷静になったら何もできない。大学生が本当にやるべきことをベルフェイス(株)取締役に聞いた

突然ですが、皆さんは“営業”に対してどのようなイメージをお持ちですか?

「体育会系」「スーツ」「コミュ力」「テレアポ」…
暑苦しい根性論で語られることが多いですよね。

現在学生の皆さんも営業職にはなりたくないなぁと思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな悪い印象を持たれがちな営業ですが、そのイメージを払拭しようと奮闘している企業があるんです!

それが、ベルフェイス株式会社

今回はその取締役の吉本猛さんにインタビューしてきました!

吉本さんのこれまでの経歴や成し遂げたいビジョン。
さらには、就活生が気になる大企業VSベンチャー問題について!
勢いのあるベンチャーで働く吉本さんの熱いお話をお楽しみください。

ベルフェイス株式会社取締役:吉本猛さん
広告代理店、ITベンチャーにて営業・CS統括を経験後、ベルフェイス株式会社でプロダクトマネージャーとプロダクト事業部長を兼務

何もしていない本当の“バカ”だった

あつし

吉本さん、本日は宜しくお願いします。早速ですが、現在取締役や事業部長など重役を務められているわけですが、学生時代はどのように過ごされていたんですか?

吉本

それが、何もしていない本当のバカでした(笑)。むしろ、学生時代に何もしていなかったのがコンプレックスで、今頑張っています。

あつし

え!?意外ですね!
何もしていないというのはさすがに言いすぎだとは思いますが…(笑)。大学での学部や専攻は何だったんですか?

吉本

スポーツ科学部という学部で、その中でも主に心理学や行動科学というスポーツだけというよりは、人の行動に関する勉強をしていました。ちなみに入学当初は体育教師になろうとしていました。

あつし

そうなんですか!何で体育教師になろうと思ったんですか?

吉本

高校卒業までずっと部活ばっかりしていて、進路どうしようかなぁって考えていた時に当時付き合っていた彼女から「部活ばっかりやってるんだし、体育教師になればいいじゃん」って言われて(笑)。

あつし

それで進学したんですか(笑)。

吉本

はい(笑)。そんな感じで大学入ってフラフラしていましたね。

あつし

卒業後は広告代理店に就職されたということですが、どういう心境の変化があったんですか?

吉本

行動科学を勉強していく中で、どうやったら人の行動は変わるのかというところに興味を持ったことが大きいです。

あつし

なるほど。体育教師から広告代理店、そして今ではベンチャー企業取締役というキャリアは面白いですね。

勘と根性の営業を変えたい

あつし

ファーストキャリアである広告代理店からこれまでの経歴を教えてください。

吉本

最初の広告代理店では営業を3年間し、その時たまたま今の代表とツイッターで知り合い、彼が当時やっていた会社に転職しました。そこでも最初は営業マネージャーを務め、その後動画制作の統括や今でいうカスタマーサクセスチームの取りまとめなど幅広くやっていました。その後、彼が前職を退任するのと同時に、声をかけてもらえたこともあって、今のベルフェイスを立ち上げる段階から関わらせてもらいました。

あつし

ツイッターで知り合って転職するってかなり現代的ですね。今の会社ではどういった仕事をされているんですか?

吉本

最初は営業からカスタマーサポートまでその他全般を1年ほど担当し、そこからはプロダクトマネージャーを約2年ほどしています。プロダクトマネージャーとは、何故そのような製品を機能を作っていくか、という意思決定における責任者のようなものです。

あつし

そのプロダクトこそ「ベルフェイス」というわけですね。営業の方向けに展開されているツールですが、そのプロダクトで営業をどう変えていきたいんですか?

吉本

世の中の営業はほとんど根性論です。例えば、とにかくテレアポして、会いに行ったり、飛び込みして会ったり…そしてその回数を積み重ねるというような。場数をこなすということは間違いなく大事です。でも、それだけではダメです。昔ながらの足で稼ぐといった勘と根性の営業ではなく、しっかりとテクノロジーを取り入れ、適切な場面で適切な手法を当たり前のように選択できる、そんな営業が実現できる世の中に変えていきたいと考えています。

あつし

確かに自分も営業って、体育会系で足で稼ぐみたいなイメージは強いですね。ベンチャー企業だとそういった変化に柔軟なイメージはありますが、大企業ってどう変えているんですか?

吉本

まずは、会社の中でそういった変化に興味のある小さい部署で圧倒的な成功事例を創出して、それを横に広げていきます。大変ですが、みんなそれを必要なのは、分かっているんですよ。なので実績を出すことが出来れば、変わりたいという気持ちの後押しにもなり、一気に広がっていきます。

結局働くなら大手VSベンチャーどっち?

あつし

ベンチャー企業で働き、大手企業とも関係を持たれている吉本さんにお聞きしたいのですが、就活でよく語られる「大手VSベンチャー論」に何か意見はありますか?

吉本

正直どっちでもいいと思います(笑)。ただ、若いうちは自分で何かを決められる環境にいた方が良いです。責任を持たされない環境に長年いると自分で決められなくなってしまいます。あとはやっぱりその会社がやっていることが自分にとって本気で良いと思えることも大事ですね。

あつし

なるほど。かなり大事な視点だと思います。

吉本

それとベンチャー=裁量があるというわけでもありません。結局は自分の生き方をどう選ぶか、という問題につながると思っています。「とりあえず、親や他の人に言われたから…」で選ぶことだけはやめた方がいいですね。

言い訳せず、決めてやり抜くこと

あつし

ちゃんと自分で決めることがとにかく大事ということですか。でも、“自分のやりたいことや決める基準がない”という学生も多いと思います。そこはどうお考えですか?

吉本

完全に主観ですが、「やりたいことがない」というのは嘘じゃないですかね。「やりたいことがない」のではなく、やりたいことが多すぎて選べない、1個選ぶとそれ以外を否定してしまうような気になるから選んでいないだけかと。

あつし

新しい切り口ですね。

吉本

極論、どれでもいいから選んでやりきり、それで“違うな”って思えば他の選択肢を選べばいいんですよ。たかだが生まれて20年間で知っていることってほんの一部なので。大事なのは決めたらその後にちゃんとやるかどうか、正解にするかどうか。考えずにあれこれ意思決定しろ、というわけではないですが、あまり重く考え過ぎないことが大事ですね。

あつし

すごく刺さる考え方です…。めちゃくちゃ勉強になります!吉本さん自身も決め切って動くタイプですか?

吉本

はい、そうですね。なんでも「やっちゃえ!」で決めてしまいます。転職も結婚も(笑)。

あつし

それも勢いで決めたんですか?(笑)

吉本

割と勢いでしたね。「結婚したい!」と思い立ったその日にプロポーズしましたし、結婚して2ヵ月でこれからという時期に「この会社に入りたい!」と思い転職を決断しました。今のところ後悔は全くありません。実際には失敗じゃないんですが、20代のうちは失敗したところで人生なんとかなります。「収入が安定したら結婚しよう」と思っている人は絶対に結婚できません。感情が高ぶっているうちに動いた方がいいです。冷静になったら何もできませんし、決めずに過ぎた日は戻ってきません。

あつし

本当に行動で体現していますね(笑)。自分も今日をきっかけに行動します!それでは最後に大学生に向けて一言お願いします。

吉本

日本にいる以上は余程のことをしない限り、失敗しても大事にはなりません。だから、とにかく「これをする。これをしない。」と決めて行動してみよう!

あつし

ありがとうございました!

あとがき

大学生って就活に直面するとどういうキャリアを築こうか、
どういった人生を歩んでいこうかと模索すると思います。

でも、考えてばかりでは何も始まりません。

まずは、「これだ!」と思い切って決めてしまい、それをやり抜く。

そうすることで自然と未来は切り開かれていくのではないでしょうか?

何事も自分で決める習慣をつくることは非常に難しいですが、
まずは小さい決断からコツコツ始めてみましょう!

自分で納得できる大学生活、そしてその先を過ごすことができると良いですね!

ベルフェイス株式会社:https://bell-face.com/
吉本猛さんのツイッターはこちら

ライター紹介

あつし

松屋のビビン丼と山形だし牛めしの復活を願う24歳。熱しやすく冷めやすい大阪人。

あなたにオススメの記事