“共感される”かは重要じゃない。昆虫食ユーチューバーはなぜ虫を食べて生きているのか聞いてきた

こんにちは!わかなです。
突然ですが、バラエティ番組でアイドルや芸人が罰ゲームで虫を食べる...なんてシーンを見たことありますよね?
 
昆虫が苦手な人は多いかもしれませんが、昆虫食*は今国連でも推奨されていたり、昆虫食がテーマとなったスタートアップがあったりと、すごく注目されている分野なんです!
*昆虫を食べる食習慣、食文化

今回は、そんな昆虫食をメインに動画を配信する、昆虫食ユーチューバーの方にお会いしてきました。

※昆虫が苦手な方は画像閲覧注意です!

昆虫食ユーチューバーさんしちさん

わかな

こんにちは。インタビュアーの若菜です!宜しくお願いします。

さんしち

こんにちは。昆虫食ユーチューバーのさんしちです!宜しくお願いします。

わかな

早速ですが、さんしちさんは昆虫食ユーチューバーさんですよね。始めたきっかけは何だったんですか?

さんしち

通っていた大学院が田舎の方で、かなり森の中にあったんです。そこで、セミの羽化を見る機会があったんです。セミについてGoogle検索したら、「セミ おいしい」って出てきたんですよね。

わかな

え、それでセミ食べたんですか!?

さんしち

いや、そういうわけではないです(笑)。でも、セミがどうやら川エビのような味がするらしく、すごく興味を持ちました。友達にも「セミって美味しいらしいよ」って声をかけたりしたんですけど、案の定ドン引きされてしまって…(笑)。

わかな

当たり前っちゃ当たり前のような気もしますけど(笑)。

さんしち

そうですよね。まあそんなわけで学生時代結局食べることはなかったんですけど、頭のどこかに「セミ おいしい」というのがずーっと居座っていました。

わかな

なるほど…それで結局最初に食べたのはいつなんですか?

さんしち

社会人になってからです。とあるイベントで知り合った方の友人で昆虫食をしている人がいて。

わかな

え、そのイベントって昆虫食のイベントですか?

さんしち

いや、まったく別のイベントです。で、その人にセミを食べさせてもらったんです。先程、川エビみたいな味がするって話したと思うんですが、実際は思っていたよりもぷりぷりとしてジューシーでした。

わかな

わあ…抵抗はなかったんですか?

さんしち

はい。もともと虫に関して苦手意識はない方でした。出身が兵庫の田舎だったので、よく公園に行って虫を捕まえたり、父親が釣り好きな関係もあって、虫に触れることにも恐怖心とかはなかったですね。

わかな

小さいとき育った環境って大事ですよね。

さんしち

はい、まぁおなか壊すくらいかなって思ってたので(笑)。そんなこんなで昆虫食にハマってしまいました。

食べたことない昆虫たち

わかな

今までに何種類くらいの昆虫を食べてきたんですか?

さんしち

15種類くらいです。最近はヘラクレスオオカブトをYouTubeで食べました。

わかな

ヘラクレスオオカブトですか…!

さんしち

ヘラクレスオオカブトとなると誰も食べたことがないみたいで、ググっても情報が何も出てきませんでした。

わかな

そうなんですね!ヘラクレスオオカブトってどんな味がするんですか?

さんしち

鶏肉みたいな感じでした。

わかな

鶏肉…!他にはどんな虫を食べたことがあるんですか?

さんしち

セミ、ゴキブリ...

わかな

ゴキブリ...!?

さんしち

でも、いわゆる日本のゴキブリじゃなくて、アルゼンチン森ゴキブリのデュビアという昆虫を食べました。日本と違って、大きいダンゴムシって感じです。サクサクして、芝エビのような感じでした!

わかな

すごいですね。思ったんですけど、同じ昆虫でもいろんな種類があるじゃないですか。例えば、セミもアブラゼミとかミンミンゼミとか!種類によって味って違うんですか?

さんしち

はい、違いますよ!セミで言うとアブラゼミはやっぱり脂っぽい感じがします。あと個体差もあります。やっぱり食べたもので出来上がっているので、味が違います。同じセミでも、まずいものとおいしいものがあります。

わかな

そうなんですか!それはびっくりです!

※閲覧注意画像入りまーーーす!!!※










虫苦手な方、心してください。















▲素揚げにしたアブラゼミ。形はそのままですね…

わかな

普段はどのようなところで昆虫食を買っているんですか?

さんしち

基本的にはネット通販で買ってます。あとはそこら辺の公園でとってきて、調理してしています。最初に食べたセミも代々木公園産です(笑)。
 あとは、高田馬場に「米とサーカス」っていう料理屋さんで月一のイベントがあるんです。そこでいろんな虫を食べることができますよ。

わかな

ご自身ではどんな調理をされるんですか?

さんしち

調理方法は基本的に素揚げです。

わかな

洗ったりするんですか?

さんしち

いえ、熱で悪い細菌とか殺せちゃうので大丈夫だと思ってます。

わかな

確かに洗っててもなんか変ですもんね。素揚げってもう捕まえてきたまんま油にいれるんですか?

さんしち

いや、生きたまんま油に入れると暴れちゃったりするので、基本的には冷凍庫に入れて、半殺しと言いますか、仮死状態にしておきます。昆虫食じゃなくて昆虫のお酒?もあるんですけど、それもスピリタス等かなり強いお酒につけてるので殺菌されてますきっと!

ノリで始めたユーチューバー

わかな

今まで昆虫食の話に触れてきましたが、ユーチューバーとしてのお話も聞かせてください。そもそもどうしてユーチューバーになろうと思ったんですか?

さんしち

ノリですね(笑)。

わかな

ノリでできちゃうものなんですかユーチューバーって!

さんしち

いや、のりだけではないですけど(笑)。実はもともとブログを書いていて、ブロガーのイベントに参加した際、「ユーチューバー をやってみたら?」って言われたんですよ。

わかな

なるほど。そもそもですけど、今は会社に勤めているんですか?

さんしち

いえ。前までは普通に会社員として生活していたんですけど、あまり会社勤めが好きじゃなくて。 会社行くのだるいなあとか、上司に怒られたくないなぁ、とか思っていて。でも辞めるまでの動機はなかったんですよね。そんなある日、自転車の事故にあってしまって。生きていてもトラブルに巻き込まれるのであれば、やりたいことをやるしかないって思う様になりました。

わかな

事故が一つのきっかけになったんですね。撮影はいつもどんな感じで行っているんですか?

さんしち

撮影はすべてiPhoneでやっています。撮影自体は30分程度で終わるんですけど、大変なのは編集です。いらない部分、例えば、「あー」「えー」「んー」など言葉のつなぎ部分とか噛んでしまったところをカットしたり。 わかりやすく説明を入れたり、効果音を入れたりします。編集だけで7~8時間もかかります。ユーチューバーってこんな大変なんだってやってみて初めて分かりました。 

わかな

7~8時間もかかるんですか!昆虫食を始めてからは何か変わったことはありますか?

さんしち

今までは“自分が何者なのか”と考えて自信がなかったんですけれど、昆虫食を始めて、「自分はこうなんだ!」っていえる特徴が見つかったので良かったと思っています。


▲昆虫食ユーチューバーさんしちさん!

昆虫食への思い

わかな

昆虫食に対してどういう思いで取り組んでいらっしゃるのかお聞きしたいです。

さんしち

見てくれている皆にも、自信をもって生きてもらいたいっていうのが一番強い気持ちかもしれません。私もさっき言ったように、会社員を辞めるまで、生きづらさを感じていて、そういう社会に対して生きづらさを感じている人、辞めたくても辞められないなあって思っている人、こんな人でもブログやユーチューバーを通して活動できるんだよ、こんな人でも生きていけるんだから大丈夫っしょって思って欲しいです。

あとは、「好きなら好きって言っていいんだよ」って思います。昆虫食をしていると変な目で見られがちなんですけど、発信することで、面白いことができたりするので。自分が好きでこれをやってやる!って人が増えてほしいと思いますね。

わかな

なるほど、ありがとうございます。実は私、もっと虫を嫌っている人たちに、興味をもって欲しいと思ってやってるんだと思っていました。

さんしち

あー、でもちょっとはあります(笑)。いい踏み台にしてほしい。

わかな

踏み台とは?

さんしち

苦手な虫を食べたという経験により、辛いことがあってもこの経験を思い出してもらえたらなぁと思っています。

周りの反応が全てではない

わかな

では、最後に読者の皆さんに一言お願いします。

さんしち

はい。「思い付いたことはどんどんやろう」ですかね。例えば、何かやりたいことがあった時でも、周りに共感を得られなくってもいいんです。ネットで発信すれば、どこかで共感を得られる。そうしたら見えてくるものもあるし、得られるものがある!ガンガン行動してほしい!しかも大学生っていう特権があるんだから、得ですよ。みんな優しくしてくれるし。可愛がってくれるし。

わかな

共感を得られなくていい、という言葉とても刺さります。
それでは最後に、さんしちさんにとって昆虫食とは何ですか?

さんしち

「人生、冒険」ですね。昆虫食って未知の部分がまだまだ多いんです。生食で食べれるのか、どんな栄養が含まれているのか。そんな未知の経験だらけなんですが、それにぶつかっていくのが、冒険や、人生なんじゃないかなって思っています。

わかな

ありがとうございました!これかも活躍を楽しみにしています。


未知の部分が多い昆虫食。

まだまだ昆虫を食べるということに関しては賛否両論がありますが、そんな中、あえて昆虫食を発信しているさんしちさん。彼女の目はワクワクに満ちていました。

気になった方は是非一度視聴してみてください♪
勇気をもらえたり、一歩踏み出すきっかけになるかもしれません。

さんしちさんのツイッターはこちら
YouTubeチャンネル【こちら

ライター紹介

わかな

早稲田大学2年生。趣味は寝ること・食べること。 「美容バカ」の記事がきっかけでバカレッジに入ることを決意。

あなたにオススメの記事